誰しも、学業や仕事をこなす上で、覚えを良くして効率を上げたいと思っているはずで、その時に頼れるのが記憶術なのである。

FrontPage

記憶術

記憶術に関する本や雑誌の売れ行きが好調のようだが、インターネットでも閲覧数は多いようだ。一口に記憶術といっても、様々なモノがあり、どれを採用して良いものか判断に困るぐらいだろう。誰しも、学業や仕事をこなす上で、覚えを良くして効率を上げたいと思っているはずで、その時に頼れるのが記憶術なのである。本業が何であるにせよ、「物覚え」が早いと言うことは、かなりの武器になるから、記憶術の出番も増えるという訳だ。巷で人気の記憶術の多くは、記憶したい対象を記号化させて、覚えやすくすると言う手法を用いているようである。記憶したい対象を記号化する記憶術は、効率的で理にかなっている。対象を単純化することによって、頭脳の引き出しを整理しながら覚えられるので、かなり有効な記憶術と言えるだろう。

記憶術の起源ということになると、人類の歴史以来と言ってしまっても良いかもしれない。筆記具やパソコンの無い時代、情報の伝達は、全て人から人への「口舌」で行われていた筈で、しっかり伝達するためには、自然と記憶術を駆使して覚える努力をしていたはずだ。例えば、十本の指を駆使した記憶術というのもあったかも知れないし、その辺に転がっている、棒きれや石ころを使った記憶術もあったろう。意識する、しないに関わらず、昔から人間は記憶術を使って、大切なことを記憶する作業をしていたに違いない。記憶術とまでは行かないかも知れないが、モノを覚えるための工夫は、太古の昔からしていたのである。

記憶術に関しては、人それぞれにアイデアがあり、工夫があるはずで、無意識で使っている部分もかなりある筈だ。記憶術についての情報は、現状検索すれば、相当数ヒットすると思われるが、このサイトでもその中で一番定評のある記憶術を後ほど案内しておきます。自分に合いそうか、じっくり読んで頂きたい。言わば記憶術も十人十色で、それぞれの人の特性にマッチした手法を選択することが大事なのだ。記憶術が、「術」という語句を使っているのは、そこにアイデアや工夫が介在しているからであろう。時間を効率よく活用し、自分にピッタリの記憶術を見つけていただきたい。



ここでは、私のオススメする記憶術を上げておきます。
>> 川村明宏のジニアス記憶術




a:3723 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析